ついに【ベジタリアン専用マクドナルド】がインドの聖地にオープンすると世界で話題に!

 
肉を食らうためのマクドナルドがベジタリアン専用店舗をオープン!
 
 
総人口のおよそ8割が牛を食べないヒンドゥー教なインドで、牛肉ハンバーガーが売りのマクドナルドが「ベジタリアン専用マクドナルド」を世界に先駆けてオープンしたという草食男子的に嬉しいニュースが世界中で話題になっているのでまとめてみました。
 

Sponsored link


04-veg-20130704-india_mc

ヒンドゥー教徒は牛を食べない、それは牛が神聖な動物だから。
 
草食男子のインドの友人たちも敬虔なヒンディー(ヒンドゥー教徒)で牛はおろか豚も鶏も食べることはありません。
 
甘いお菓子はよく食べます(笑)
 
インドに「菜食マクドナルド」がオープン:抗議の声も
Katra …
詳しくはニュースサイトを参照あれ。

このニュースの元ネタはイギリスのBBCです→ここをクリック!
 
 
そんなインドに、資本主義の象徴にしてアメリカ的物質主義を代表する企業でもありガッツリと肉を食べるために存在するマック(関西ではマクド)が自らのアイデンティティーを捨て去って、肉を一切使わないお店を出したというからビックリなニュースです。
 
 
02-veg-20130704-india_mc(インドのマクドナルドの公式サイトのトップページ)
 

【ベジタリアンマックの特徴とまとめ】

・植物性の素材だけで作ったバーガーのみ
・マヨネーズも卵を使わず植物性のみで作ったらしい
・バーガーを製造するクルーもベジタリアンでなければいけないルール
・現在インド国内にマックは271店舗
・とりあえず2店舗オープンさせる
・シーク教とヒンドゥー教の聖地に作る
・ポテトを揚げる油も植物性(日本のマックは動物性と植物性のミックス)

 
 
McDonalds India
インドのマクドナルド公式ページ。

Sponsored link

日本のマックとメニューが全然ちがうよ!牛肉バーガーはまったく無し、チキンがメインで日本と同じのはフィレオフィッシュくらいでしょうか。ドリンクにソフトクリームがトッピングされているのが美味しそうです(笑)
 
マックフリークがこのメニューをみたら、牛を食わないインドにマック作るなよ、カレー食ってろよ!とか言いたくなってしまうでしょう。
 
 
05-veg-20130704-india_mc のコピー

上の写真は「McVeggie」というバーガーで具はコロッケのようなものです。このバーガーはインドにある普通のマックのメニューなので、ベジタリアンマックでは他にも多くの植物性のバーガーが登場するでしょう。(ヒンドゥー教はミルクやチーズは食べてもOKです)
 
 
さて、このお店がどこに出来るのかちょっくらGoogle地図でも見てみましょう。
 

大きな地図で見る

気になる場所はインド西部の大都市「ムンバイ」の近くにあるカトラという町だそうです。
 
一年に一度はふらふらとインドへ行く草食男子としても是非とも食べてみたいところ。
 
 
03-veg-20130704-india_mc

実際のところ、マクドナルドがインドで店舗数を増やせるかどうかは、実際にベジタリアンメニューが美味しいかどうかにかかっています。
 
しっかりと美味しいメニューを開発できればインド国内はおろか、ベジタリアン人口が急増している欧米でも展開できると思います。そしていずれ日本でもベジタリアンマックが出来たら嬉しいですよね、草食男子的に。
 
 
最終的には世界にある33000店舗のマック全部が草食化するのが夢だなあ(笑)
 


  – ホテル予約に便利すぎる楽天カード
   ←買い物でも旅行でもポイントが貯まる!


Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。