「ソラノイロ」のベジラーメンはベジタリアンでなくとも食べておきたい@麹町

ソラノイロ

東京は麹町にあるミシュランガイド掲載のラーメン店「ソラノイロ」で麺も具もスープも玄米で作られたラーメン”玄米のチカラ”を食べてきた僕(@ka__zz)です!
 
 
いやーーマジでびっくりの旨さでした!
 
そして食べた後、カラダが気持ちイイこと!
 
ということでベジラーメンファンの皆さんのために、食べた様子とソラノイロの情報を紹介します(´¬`)
 

Sponsored link

この日の朝..お世話になっている先輩、信太郎さんと墨田にあるSASAYA CAFEで美味しいビーガン朝食を食べた僕(@ka__zz)。
 
 
skytree

どうせなら昼間もビーガンにしましょう!ということになって、麹町にある超有名ラーメン店「ソラノイロ」にやってきました。
 
この日は、不定期で開催している”ソラノイロlabo”(3号店のメニュー開発をするための実験店舗)の最終回でした。
 
 
ソラノイロ

店主の宮崎さん(@miyachihi)が自ら厨房に立ち、限定50〜60杯として出されるその限りのラーメンは、植物性の材料だけで作られた世界的に話題のビーガンラーメンで、早い時には13時前に売り切れてしまうという人気ぶり。
 
 
ソラノイロ

この日も12時前にお店に入るとすでに満席状態で少し待ってからの着席でした。
 
メニューは1種類のみ、なんという潔さ!
 
 
・玄米のちから 1200円
 
玄米をベースにしたトロみ感たっぷりの塩ダレスープに、低農薬玄米とジャガイモで作られた麺、そしてメインの具も焦がし玄米ボールという玄米尽くしのオーガニックラーメンです。
 
 
9-veg-20150503-soranoiro

テンペという東南アジア生まれの大豆を発酵した栄養満点なスーパーフードのフライをトッピング。
 
 

茎若布

店主が宮城まで行って仕入れて来た気仙沼産の茎ワカメと布海苔まで入っていて、主役の玄米をさらに引き立ててくれています。
 
 
玄米 ラーメン

野菜出汁をベースに玄米と餅きびからとった穀物のスープ、タレはポルチーニ茸、椎茸、昆布から。動物性の材料そして化学調味料は一切使ってないのに、すんごい旨味です!
 
 
玄米 ラーメン

とにかく気に入ったのがこの麺で、玄米でラーメンの麺というのはおそらく世界初、そして今後もまずお目にかかることはないでしょう。
 
 
玄米 ラーメン

Sponsored link

さあ、実際の玄米麺のお味は..
 
風味、歯ごたえ、喉越しのすべてが上質で思わず替え玉したくなるほどの美味しさでした。そして特筆すべきは小麦アレルギーの方でも美味しいラーメンが食べられること!
 
ぜひとも、全国に広まって欲しいと願います。
 
 
玄米 ラーメン

これがお焦げ玄米ボール。玄米おにぎりの表面を焼いて焦がしたものなんですが、ラーメンの中におむすびだなんてアメイジング過ぎますよね!
 
 
玄米 ラーメン

こんな感じで箸で玄米ボールを崩してスープと混ぜると、
 
お焦げ玄米雑炊の出来上がり(´¬`)
 
 
玄米 ラーメン

玄米ごはんに今度はワカメを混ぜて食べてみたり..
 
こんなにいろんな食べ方、楽しみ方があるラーメンは初めてです。
 
 
玄米 ラーメン

野菜と穀物と海藻と..ひたすらに優しい味わいで、大いなる自然の恵みに自然と感謝したくなるラーメンでした。
 
 

玄米 ラーメン

植物性ということで食べた後、胃が軽いこと!食べる前よりも体調がよくなったのは錯覚でしょうか(笑)
 
身体にも自然界にも負担がかからない玄米ラーメン、これこそが真の美食というものです。
 
 
ソラノイロ公式ページソラノイロ公式ページ

 
玄米 ラーメン

実験店舗のラストを飾るラーメンを当然のごとく完食。このラーメンはまたいつか食べてみたいと思います。
 

■ソラノイロ2号店

場所:東京都千代田区麹町3-4-3シエルブルー麹町101
電話:03-6272-6886
平均予算:900〜1500円
平日営業時間:11:00~15:30・18:00~22:20
土・祝日営業時間:11:30~15:00
定休日:日曜日
駐車場:無(近くにコインP有り)
アクセス:地下鉄有楽町線麹町駅3番出口から徒歩8秒
 

 
*最新情報は→(はfacebookページをどうぞ
 
ソラノイロ

最後に、、
 
カウンターにおいてあったソラノイロ3号店の告知..今回の玄米ラーメンのような植物が主役のラーメン専門店になるようです!
 
OPENが待ち遠しいですよね!
 
 

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。