家ラーメンなら「マルボシの中華そば」がベジ100%でマジ美味い!

新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で家にいることが多くなり、自炊をする回数がやたらと増えた僕(@ka_zz)です、ごきげんよう。

基本、玄米を炊きまして好きなおかずを作りますが、いかんせん料理のレパートリーが少ないので、同じメニューを繰り返し食べています。

同じように、家メシを食べることが多くなった人、たくさんいるのではないでしょうか。

そんなわけで、今回紹介するのは超イチオシな「マルボシの中華そば」です!

この乾麺、かなりの優れものなので箱買いの準備をして読んでください。

Sponsored link

ベジ100%な乾麺「マルボシの中華そば」は箱買い必須のヴィーガンラーメン。

マルボシ 中華そば

時折、無性に食べたくなるのがラーメンでして、特に真夜中とか(笑)そんな時に大活躍してくれるのがマルボシの中華そば、という乾麺です。原材料は小麦粉、小麦たんぱく、食塩、かんすい、クチナシ色素・・まあ、わりとシンプル。

クチナシ色素は、クチナシという植物から作られた水溶性の着色料のこと。

ベジ100%なのでビーガン、ベジタリアン、それから卵アレルギーがある人でも安心。

埼玉の田舎のスーパーマーケットでふつうに売っているので、買い置きしています(賞味期限は1年)。スープは入っていません、麺だけです。

なので、いつも自分好みのスープをこしらえています。

プラントベース 100%でもラーメンスープは簡単に作れる。

マルボシ 中華そば
ベジ100%でラーメンスープを作るのは簡単です。

凝ったベジブロスを作ってもいいのですが(以前、ソラノイロ→日本のベジラーメン界を底上げしているラーメン屋の店主・宮崎さんから教わったことある)、ちゃちゃっと3分くらいで作るレシピをシェアします。

①にんにくと生姜をすりおろす
②米油(ごま油でもOK!)で炒めて香りをつける
③水を適量入れて沸騰させる
④昆布茶を出汁として入れれば簡単中華スープの出来上がり!

これが基本スープになります。

お好みに応じて味噌、醤油、塩などをタレとして加えます。

仕上げにゴマ油で香りつけすると美味しくなります。

基本スープを作る時間がない時は、市販の中華だしを使います。おすすめは東京駅ナカ、上野駅ナカにあるベジラーメン専門店T’sたんたんで売っている粉末の中華だしです(参考記事:女性と外国人に人気のベジ系ラーメン「Tsたんたん」が上野駅ナカにOPEN!

▼おすすめのプラントベース 100%中華スープ

ネット通販でも買えるビーガンなラーメンの乾麺。

マルボシ 中華そば

最近は坦々麺もどきにハマっています。

基本のラーメンスープに味噌と豆乳、ごま油と白ごまで坦々麺のスープが完成!それに大豆ミートのミンチタイプでピリ辛な肉味噌を作って、茹でたチンゲンサイを添えれば立派な坦々麺です。

マルボシの中華そばは乾麺ということで保存がきくし万能なので、冷やし中華、つけ麺、焼きそば、焼きラーメンにも使えます。パスタがない時はパスタにも(笑)

近くのスーパーに売っていない場合は、ネット通販で買うことができます。

スーパーでもネットでも一袋4食分で200円(税抜)前後ですね。

▼ネット買えるマルボシの中華そば

▼大豆ミートのミンチタイプは業務用がお得で便利

それでは皆さん、素晴らしい人生を

Have a goog day!

and God bress you!


▲このブログで使っているテーマ

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!