アウトブレイクって何?新型コロナウイルス関連の専門用語のまとめ。

新型コロナウイルスによって世界中が混乱しています。

テレビもTwitterもfacebookも新聞も、毎日毎日大騒ぎしています。僕たちはそんなメディアからの情報を目に、耳にするわけですが・・・専門用語が多すぎてさらに混乱します。

お前はルー大柴かよ!

ってツッコミを入れたくなるような、横文字をつかって解説者を気取っている人たちの記事は、理解に苦しみます。その都度、ググるのもかなり面倒じゃないですか!?

ってことで、専門用語をわかりやすく解説してみました。

(注:僕(@ka__zz)個人が納得するために調べたものなので正確性についてはこだわっていません。明らかな誤りがありましたらコメントください)
 

新型コロナウイルス関連のニュースや記事によく出てくる専門用語。

日本全体、都道府県別の感染状況がわかるサイト
https://www.stopcovid19.jp/

要請・指示・命令の違い

*要請は「お願いします」を少し強めたもので、日本はほとんどがこれになります。
*指示は要請よりワンランク上で「〜してください」
*命令は「〜しなさい」

ウイルス

細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、自分で細胞を持ちません。ウイルスには細胞がないので、他の細胞に入り込んで生きていきます。ヒトの体にウイルスが侵入すると、ヒトの細胞の中に入って自分のコピーを作らせ、細胞が破裂してたくさんのウイルスが飛び出し、ほかの細胞に入りこみます。このようにして、ウイルスは増殖していきます。

使い捨てマスクの紙の繊維より小さいので、感染防止に効果がない、自分が人に感染させないのに役立つ、といった情報もあります。

COVID-19

新型コロナウイルス感染症のこと。

クラスター感染

集団感染のことです。クラスターはかたまり・集まりといった意味。

感染がおきてしまった集団をクラスターと表現しているようです。

家庭による家族内感染がもっとも身近なクラスターです。学校、会社、カラオケボックスなど比較的に小規模な集まりでの感染です。満員電車での感染もクラスター感染とされます。

クラスター感染を防ぐためには?
換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。イベントを開催する方々は、風通しの悪い空間や、人が至近距離で会話する環境は、感染リスクが高いことから、その規模の大小にかかわらず、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合には、風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、イベントの実施方法を工夫してください。

PCR検査

微量の検体を高感度で検出する検査手法です。

Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の頭文字をとってPCRと呼ばれています。

新型コロナウイルスの感染が疑われた場合に、PCR検査によって陽性か陰性を判断します。

ウイルスに含まれる特定の遺伝子を増やして調べる検査方法。患者の鼻やのどの粘液やたんから採ったウイルスから遺伝子を取り出し、試薬とともに検査装置に入れる。遺伝子を増幅させて測定することで、調べたいウイルスの有無を判定する。検査を担うのは主に臨床検査技師だ。日本臨床衛生検査技師会の会員数は約6万6千人。同会によると全体の7割ほどが登録している。このうち、PCR検査ができるのは1割ほどとされる。

参照:朝日新聞

陽性→やばい!
陰性→セーフ!

検査は現時点(2020年3月26日)で誰でも受けられるわけではありません。診察をした医師が判断して、必要とされた時にPCR検査を受けることができます。

以前は、医者→保健所→行政検査(PCR検査)という、ウルトラ面倒な流れでしたが、今回の騒動によって・・

医者→PCR検査ができるようになりました。(現場では何らかの圧力があって、たらい回しにされた、検査させてもらえない等の声が多数あがっています)

アウトブレイク

感染症の集団発生です。

感染爆発!?と書いてあるのを見ましたが、強引な日本語ですよね。

もともとは”病棟・病院内の感染にる集団発症”のことを言います。(医学用語)

しかし、一般的には地域、国規模の大規模な感染、発症をアウトブレイクと呼んでいます。パンデミックの一歩手間の状態です。

ブレイクアウト

30万枚を売り上げた相川 七瀬のヒット曲。作詞作曲は織田哲郎。

オーバーシュート

ある地域で爆発的に感染者が増えること。(類義語 アウトブレイク)

この言い方は日本特有らしいです。もともとは株式用語で相場が過剰反応して、買い増しor売りが行きすぎてしまうことを指します。

言葉としては他国でも通じる”アウトブレイク”を使った方がいいでしょう。

エピデミック

明らかに通常の予測を超えて、一定期間、一定の地域で急に発生すること。今回の新型コロナウイルスはエピデミックを超えて→パンデミックとなりました。

パンデミック

複数の国や大陸でウイルスが拡散、感染されることをいいます。

簡単に言うと世界的大流行らしいです。

今回の新型コロナウイルスがまさにそれで、WHO(世界保健機構)によってパンデミックであると宣言されました。アメリカ大陸のネイティブインディアンは当時5600万人いましたが、スペインから持ち込まれたウイルスによって全滅した・・とモーリーロバートソン氏は言っていました。
 

▼おすすめの参考図書

ロックダウン

都市封鎖ことです。

感染を拡大させないために、封鎖するエリアと期間が決められます。

強制的に生命維持や緊急対応等を除き、それ以外で外出・往来などを禁止することで爆発的感染等を抑える目的で行うもの。すでにアメリカ、インド、ニュージーランド、イタリア、スペインなど、世界中のあちこちでロックダウンが行われています。

都道府県および市町村でロックダウンする場合と、最悪は国そのものがロックダウンする場合があります。

他国の事例では感染の拡大を防ぐために、

・食糧の買い出しや緊急以外の外出が禁止されます
・食料品、医薬品、医療以外の会社は閉鎖されます
・道路や空港を封鎖して人の移動をできないようにします

日本では非常事態宣言を総理大臣が発令することで実施できます。しかし、諸外国で行っているロックダウンは原則的にできません。日本の場合は、外出禁止やお店の閉鎖はなく、あくまで「自粛要請」です。

緊急事態宣言

いよいよやばくなった時に、「緊急事態宣言」が出された場合、特別措置法に基づき、生活の維持に必要な場合を除いて外出しないことや、感染の防止に必要な協力を要請することができます。

*内容は、各都道府県が決めるようです。

同じく、特措法に基づいて、学校や保育所、通いで利用する福祉施設などに対して、施設の使用の制限を要請、指示することができるほか、多くの人が集まる劇場や映画館といった娯楽施設や、ナイトクラブなどの遊興施設は感染拡大の状況に応じて必要な場合には施設を使用しないよう、要請、指示することも可能になります。

なんと!強制的にできることもあります。

緊急事態宣言が出たときに、行政が強制的に出来ることは、▼都道府県知事が、臨時の医療施設をつくるために必要がある場合に、土地や建物を所有者の同意を得ないで、使用できることと、▼知事が医薬品や食品など必要な物資の保管を命じることです。

出典:NHK

外出自粛要請

別名「引きこもりのお願い」です。

「自宅からの外出はしないでください」という国や都道府県からのお願い。

お願いなので命令ではなく、罰金や罰則はありません。

そして、自粛要請が意味するものは自己判断と自己責任です。埼玉で話題になった格闘技イベントK1は、県知事が自粛を要請しましてが、主催者はそれを無視して開催しました。
 

Sponsored link

不要不急の外出

でました!ウルトラ曖昧な日本語!

不要不急の外出はしないでください、とはどんなことでしょうか?

まず大前提として、その解釈は自己判断(つまり自己責任)となります。

そして、これも法的な命令ではないので要請(お願い)です。

不要不急な場合を例にあげると・・・

・家に食糧があるのに買い物にいく
・来年また桜が咲くのに花見をする
・落ち着いたら彼女と会えるにのデートをする

な感じです。

逆に不要不急ではないケースは・・・

・家の食糧が底を尽きた・・!
・高熱が出てウイルスに感染した可能性がある!
・可愛がっている猫が病気になった!

この場合は、外出をしても大丈夫です。

家の食糧が底を尽きた場合、僕なら断食してダイエットしますね。(3日くらい)

緊急事態宣言

総理大臣によって発令することができる。

緊急事態宣言がされると、都道府県知事によって以下のことが実施可能になります。

・住民に外出自粛を要請
・学校や福祉施設などの使用停止の要請や指示
・音楽、スポーツイベントなどの開催制限の要請や指示
・臨時医療施設の土地や建物の強制使用
・医療用品やマスク、食料品の売り渡し要請、収用、保管命令
・運送業者に緊急物資の輸送要請や指示

日本の場合「要請」が基本です。自宅からの外出を禁止することはできないようです。また店舗を閉めることを強制することもできないので、緊急事態宣言が出た場合でも、自己判断&自己責任で行動しましょう。

*要請は「お願いします」を少し強めたもの
*指示は要請よりワンランク上で「〜してください」
*命令は「〜しなさい」

 

経済対策関連の専門用語

ベーシックインカム

最低限所得保証のひとつで、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を、定期的に支給するという政策をいいます。

国民ひとりあたり12,000円を支給する案が最初に出て、それが10万円になったと思ったら、いきなり牛肉の商品券になりました(苦笑)

あくまで僕(@ka__zz)の個人的な意見ですが、政府は国民を助けてくれることはないでしょう。

個人個人がしっかり前を向いて行動し、今の環境でやれることをやって、みんなで助け合うこと意外に今回の危機を乗り切る方法はないと考えます。我先に買い占めしている場合じゃありません。

レジリエンス

コロナウイルスによってダメージを受けた際の復元力、回復力のこと。主に企業に対して使うようですが、典型的なルー大柴的ビジネス用語と言っていいでしょう。言うとなんとなくカッコよく聞こえますが、理解できる人が少ないひとりよがりな単語です。

本当にものごとを理解している人は、小学生でもわかる言葉で話せるものです。
 

Kazz
新型コロナウイルス騒動で最優先は、①感染しないための防御 ②自分が感染していることを前提に感染を広げないための行動 ③今できる仕事をする。この3つです。

そして、心構えとして「国は経済的な面で国民を助けることはない」ということを肝に命じて行動することだと思います。

 

▼おすすめの身体に優しくて美味しいカップ麺を箱買いしておこう!

 

それでは皆さん、無事にパンデミックを生き延びましょう!

世界がはやく収束しますように。

God bless you!!


Sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhoneSEとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。